teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


新印材「萌古石」販売開始

 投稿者:忌諱賽メール  投稿日:2011年 5月11日(水)01時10分7秒
  新印材「萌古石」の販売を開始いたしました。ご興味おありの方は→http://wave.ap.teacup.com/kiisai/2.htmlをご覧いただければ幸いです。
 
 

大震災緊急告知

 投稿者:希夷斎メール  投稿日:2011年 3月14日(月)18時01分11秒
  詳しくは↓こちらを
http://wave.ap.teacup.com/kiisai/1.html
 

帰鳩閣主人さま

 投稿者:希夷斎メール  投稿日:2011年 2月16日(水)17時07分47秒
  すいません。掲示板見てませんでほったらかしてしまいましたm(_ _)m
ゴビ石ですが、ひょんな事から内モンゴル行きが決まり、どうせならちゃんと取材しようと。巴林ですから当然巴林石の直販を考えたのですが、どうも一篆刻屋として巴林石にはなかなか納得の行くものがない。そこで色々な石のサンプルをもらった結果、モンゴル国のゴビが良さそうだなと。いやでもね、いつのことになるか分かりませんし、商談が美味くいくかも分かりません。それにサンプルが良くても、実際に取引をしてみたら全然使い物にならない物ばかりとか、そんなことが無いとも限りません。まぁ気長にお待ちくださいませ。
 

(無題)

 投稿者:帰鳩閣主人メール  投稿日:2011年 2月 1日(火)21時56分14秒
  ゴビ石 よさそうですねぇ。

印材直輸入販売までも手掛ける老師の挑戦に感服。

次回の依頼の折はゴビ石にてよろしく。
 

即刻即売会

 投稿者:忌諱賽  投稿日:2010年 8月22日(日)11時36分53秒
  21日の希夷斎は盛会裏に終わりました。これも一重に長瀬沙炎先生はじめ前橋書道会の皆々様のお蔭と存じます。本当にありがとう存じましたm(_ _)mまたご来場頂きまた印を購入頂いた皆様には、この場を持ちまして重ねて御礼申しあげます。  

即刻即売会

 投稿者:忌諱賽  投稿日:2010年 8月13日(金)17時43分49秒
  お知らせです。

8月20日~8月22日、長瀬沙炎先生主催『前橋書道会展』が催されます。会の皆様の漢詩自詠自書の力作が開陳されます。希夷斎も僭越ながら自詠自刻にて篆刻を出品させていただきました。皆様是非お出かけ下さいませ。また、中日8月21日(土)は会場にて、私、希夷斎による一文字雅印の即刻即売会が催されます。冷かし大歓迎w是非お出掛け下さいませm
 

けしごむはんこ展

 投稿者:忌諱賽  投稿日:2010年 7月13日(火)22時24分53秒
  http://kikiyapon.exblog.jp/14743130/
私の学生時代の友達(木木屋)さんが、渋谷パルコパート(ロゴスギャラリー)で「けしごむはんこてん」に参加しております。
日時は7月16~28日まで。
ご興味のおありの方、もしくはお近くの方都内の方、是非ご覧ください。面白いですよ~
 

合宿

 投稿者:忌諱賽  投稿日:2010年 4月26日(月)00時46分4秒
  今夏8月の15、16、17日に埼玉県は秩父の野外活動センターに於いて丁亥印社初の合宿を行うことが決定されました!!!
現在までの参加者は天の香具山氏、雨人氏と私希夷斎、の三名です。ログハウス一棟6名用を借りますのであと3名の方にご参加いただけます。

もしも、参加したいという方がいらっしゃいましたら希夷斎までメールいただきたく存じます。iwanami-k@mtf.biglobe.ne.jp

野外活動センター→http://yakatu.shopro.co.jp/intro/loghouse.html
バーベキュー、飯盒炊爨やります。
 

誠に不本意では有りますが

 投稿者:忌諱賽  投稿日:2010年 2月27日(土)01時48分1秒
編集済
   いつもお引き立て頂き心よりお礼申し上げます。
当工房を初めて20余年、今日まで価格を変えずにまいりましたが、今現在の単価ではどうにも生活がままならず、まことに不本意ではありますが、平成22年4月1日より全般的に価格を3割程度値上げさせていただきたくお願い申し上げる次第です。消費税と送料については現段階では、現行の込み価格のまま維持に努めてまいりたいと存じております。ご了解の程何卒よろしくお願い申し上げます。

サイズ        価格(一顆)            価格三顆組
2分6~8㎜ \6000  (1文字まで)
3分9~10㎜ \6500  (2文字まで)    要相談
4分12㎜ \6500  (2文字まで)    \18000
5分15㎜ \7000  (2文字まで)    \20000
6分18㎜ \8000  (4文字まで)    \24000
7分20㎜ \9000  (4文字まで)    \25000
7.5分23㎜ \10000 (4文字まで)    \28000
8分25㎜ \10000 (4文字まで)    \28000
1寸30㎜ \12000 (4文字まで)    \30000
35㎜          \14000 (4字文まで)    要相談
40㎜          \16000 (4文字まで)    〃
45㎜          \18000 (4文字まで)     〃

45㎜以上、変形印などは、ご相談に応じます。変形は1000¥増しになります。冠帽印のみの場合は縦のサイズ価格になります。また、制限した文字数以上の場合は一文字につき500\増しとなります。三顆組とは、姓名印、雅号印、冠帽印の組印のことで、三個まとめての割引ではありません。尚、60㎜以上の印は50,000円から受け付けております。
 

アングラネタ

 投稿者:除雪堂主人  投稿日:2010年 2月26日(金)13時10分46秒
編集済
  これは、おそらく、折手本など盛んに書かれた、
昭和30年代半ばの頃のものではないかと思います。(笑)
弊斎蔵折手本は、大阪の古本屋にうっちゃってあったもの。

寵愛もとい、愛弟子か、あるいは名家のご令嬢のために・・・

刻がまずいのが、なによりの本物の証拠。


(大笑)
 

印面

 投稿者:除雪堂主人  投稿日:2010年 2月24日(水)19時33分14秒
  アングラネタでした~
 
    (忌諱賽) ううむ・・どんなもんでしょうねぇ。刻は素人に毛が生えたくらいですが、
側款は手馴れた漢字がしますねぇ。いずれにしてもアルプス先生の蔵印なども見てみないと分りません。
多分、アルプス先生では無いと思われます。
 

>ネタ

 投稿者:除雪堂主人  投稿日:2010年 2月24日(水)19時30分53秒
  印面っす
 

>ネタ

 投稿者:除雪堂主人  投稿日:2010年 2月24日(水)19時27分45秒
  アルプス先生に自刻印なんてあるんかしらん?
 

>ネタ

 投稿者:除雪堂主人  投稿日:2010年 2月24日(水)19時24分32秒
  旧蔵者はアルプス師の刻であると…
 

ネタ

 投稿者:除雪堂主人  投稿日:2010年 2月24日(水)19時17分49秒
  ネタ元はブラックマーケットから。
 

恭賀新年

 投稿者:忌諱賽  投稿日:2010年 1月 1日(金)02時00分49秒
編集済
  あけましておめでとうございます。
旧年中は何かとお世話になりました。本年も変わらずご贔屓頂きたく、
何卒よしなにお願い申し上げます。

↓の「虎」印抽選でプレゼントさせて頂こうと存じます。
三賀日中に「虎印希望」とメールいただいた方に限り、厳正な抽選をいたします。
結果はここで発表いたします。

抽選結果はブログで。
 

普天間に関する、沖縄の共同声明

 投稿者:忌諱賽  投稿日:2009年12月23日(水)13時38分22秒
  http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/12/post-66de.html
普天間問題に関する沖縄の方々の共同声明に関する記事です。
これにご賛同いただける方は本文中のメールアドレスにてご賛同の表明をお願いいたします。
 

ご覧ください。

 投稿者:忌諱賽  投稿日:2009年12月19日(土)16時52分4秒
  http://www.news24.jp/player/wm/300k.html?m_url=091210100
↑これをご覧ください。
これは日テレ24で、普天間基地問題について沖縄宜野湾市市長へ質問と言う形での報道です。多くのこれまでメディアの報道とは全く逆の事実が語られています。

2010年から沖縄の海兵隊はすべてグァムへの移転を開始し、そのグァムの拠点を整備するために日本は60億ドル以上の予算を計上し既に出しているということ。
これは今から三年も前の「米軍再編成のための日米ロードマップ」という合意文章にキチンとかかれており、グァムへの前面移転はアメリカ側の意思なのです。海兵隊はすべて沖縄から去り、辺野古に建設予定?の飛行場は、グァムから沖縄付近にヘリ部隊が演習に来たりしたときの予備滑走路という役割以外ほとんど必要なくなるわけです。

しかし、政府は全くこれを説明していない。なぜか?
もうお分かりですね。辺野古飛行場建設には5千億円ほどの金が動くようです。
要するに自公時代の防衛族や与野党を問わずこの利権に関わる薄汚い政治家たちがたくさんいるのです。
辺野古に飛行場を造りたいのはアメリカではなく、利権に絡んだ俗物どもだということです。
 

バカなの?

 投稿者:忌諱賽  投稿日:2009年12月 6日(日)22時50分39秒
  http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/B002YP54RI/ref=dp_image_text_0?ie=UTF8&n=465392&s=books

先日は「心」字による雑誌題字大賞をご覧いただきましたが、
本日は同じく「心」字による雑誌題字大笑をご覧ください。
 

緊急お知らせ

 投稿者:忌諱賽  投稿日:2009年12月 6日(日)19時10分43秒
  ↓のインド音楽とオリッシーダンスライブですが、まだまだ空席があります。
私を通してショーチャージしていただければ割引きになります。
福島まゆみさんは日本で唯一のプロのオリッシダンサーですが、昨年から股関節の病気にかかり舞踊生命を絶たれてしまわれましたが、今年から上半身だけでの舞踊表現を模索し見事に復活した方です。是非是非ご覧ください。凄いですから。
ショーチャージいただける方はこちらへ
iwanami-k@mtf.biglobe.ne.jp
 

お知らせ

 投稿者:忌諱賽  投稿日:2009年12月 3日(木)23時44分47秒
編集済
  私がお世話になっているインド料理「ジャイプール」店長主催のインド音楽とオリッシーダンスのライブが12月13日午後2:00より、入間市ライブスペース「楽蔵」にて行われます。
ショーチャージは2500円です。(タンドーリチキンサンド&チャイ付き。アルコール類もあり)
オリッシーダンサーの福島まゆみさんの舞踊は、全くインド舞踊に明るくない方でも一度見ればその素晴らしさに腰砕けになります。
興味がおありの方はインド料理ジャイプール(℡04-2965-4426)に直接お問い合わせになるか、この掲示板にコメントいただくか、
または私忌諱賽にメールiwanami-k@mtf.biglobe.ne.jpいただければ幸いです。
福島まゆみさんHP
http://www.surya-odissi.com/

瞑想図ブログ
http://meisouz.exblog.jp/
 

m(_ _)m ! !

 投稿者:忌諱賽  投稿日:2009年12月 2日(水)01時26分58秒
編集済
  ちと、訳あってこちらは常連さんのための掲示板に特化いたしました。
トップページからはリンクしていません。
今まで、賑々しくご参加くださった皆様、今後とも引き続き宜しくおながいいたします。

もちろん、トップページからリンクしている新掲示板もご利用いただければ幸いです。

マニアックなお話やアブナ~イお話はこの掲示板を存分にご利用いただきたく、重ねておながい申し上げますm(_ _)m
 

 投稿者:yasu  投稿日:2009年11月28日(土)00時35分19秒
  まじウケルw
確信犯ですねwww

たけちゃんママのネーミングほどは笑いませんでしたけど。
 
    (希夷斎) いやぁ^^bここまでばっちりやってくれるとは思わなかったんで、驚いたもの。
森先生さすがですわw天晴れ天晴れ。あれやられちゃ双雲君ぐうの音も出ないもんね。
溜飲が下がりまくって倒れそうだわw

ああ~言いたいなぁ~
「ぬしも悪よのう…」って。
 

nice!

 投稿者:忌諱賽  投稿日:2009年11月27日(金)20時02分21秒
編集済
  いいものを見せよう!

http://mori-daiei.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-1603.html
 

nice

 投稿者:  投稿日:2009年11月26日(木)12時54分16秒
  いいものを見せよう!

http://profile.ameba.jp/johngointo/

 
    (希夷斎) いや。ご遠慮させていただきます。  

『坂の上の雲』題字

 投稿者:大五郎  投稿日:2009年11月23日(月)13時36分24秒
編集済
  司馬遼太郎。
巧い!!という字じゃないけど、品があるじゃんねぇ~。

「転地震?」は、結局一度も見なかったけど、↑は見たいという気になるっす。

↓の「心」、いいねぇ~~。
 
    (希夷斎) 面白い字書きますねぇ~なんとも言えない魅力を感じます。
一行目「坂の上」と「雲」の(間)は原本がこうなのか、美術が後から構成しなおしたのかは分りませんが、
非常に成功していると思います。何かを語る(ま)ですね。

柿沼氏はああいった風貌だし、パフォーマンスなども一見トリッキーに見えたりもするので、
昔かたぎのお書家先生方々にはなかなか受け入れてもらえないこともあったかとは思いますが、
やはり培ってきたものが違いますね。絶え間ない古典との対話を膨大な時間繰り返した証が、作品にしっかり反映しています。
ただ、彼はそれを売り物にはしない。それを売っても大衆が理解を示さないのを知っているでしょうから。

大衆というのはある意味非常に残酷ですね。武田も柿沼氏も結局は同列に見るんですから。
というか、メディアに見識がなくなったんですね。
というか、メディアが変な力に支配され過ぎてるんです。
 

どうよ

 投稿者:希夷斎 岩浪健一  投稿日:2009年11月21日(土)23時34分14秒
編集済
  http://magazineworld.jp/tarzan/546/read/
柿沼康二氏書。
これに文句がつけられる人はどれ程いらっしゃるかしら?
このくらいの字を見せていただかないとねぇ、書道家なら、、、
ま、誰かさんと比べるのも柿沼氏に失礼だけど、作品自体の語るものが違いすぎますね。
この書線に感じる、体温、湿度、錬度、弾力。私はこの「心」の線に骨が見えるし頑強な筋肉も見える。それに鍛え上げられた艶やかな肌が覆う。
一本の線の中にどれほど多くの仕事をしていることか。
入筆から終筆まで、書き手の心の沸き立ちと沈静とが壮大なスケールでひとつの物語となって語りかけてくる。
また、最終画を空海の心のように跳ね上げ、書き終えて高々と筆を吊り上げた後の飛沫までもが余韻となって迫る。
しかしそのほとばる情熱を、冷徹なまでの技術でねじ伏せるストイックな表現。
まさに心憎い快心の作だと思う。
これを柿沼氏は多分いとも簡単にやってのけている。なぜなら、
それは彼が「書道家」(書家)だから、、、
 

sensyudoさん?

 投稿者:道楽者  投稿日:2009年11月21日(土)10時31分42秒
  なんとなく、ご主人はこの人を双雲先生一派、もしくはご本人と思われているような気がしますが、私の憶測では違いそうな気がするんですよね~。根拠は全くありませんw
もちろん、私でもないですよ!www

sennsyudoさん。言いたいことあればちゃんと言いましょうよ。「・・・」ではわかりません。じゃないと卑怯ですよ。ま、それがネット社会といえばそうなんでしょうけどね。

ネットって所詮こういうレベルですわ。
 
    (希夷斎) >ネットって所詮こういうレベルですわ。

そうかなぁ…あながち、それほど程度の低いものとも言えない気がしてるよ最近。
確かに某巨大掲示板とか便所の落書き程度のものと言われるけど、その中にも確かな真実だってあるにはある。
真実を見分ける力は必要だけど、テレビその他のメディアよりもよほど信用の置ける情報がわずかだが隠れているというのも事実だと思う。
じゃなきゃ俺のこの掲示板は何?
こと武田に関して言えばかなりの正しい情報を提供しているつもりだけど。
嘘はついていないからね。あくまで、武田の嘘と誤りを暴いているわけですら。

ネットを過小評価するのも自由だけれど、それが趨勢になっても困るね。
まぁSensyudo=双雲および関係者というのは妄想といわれてもしかないけどね。
裏取ったわけではないから。それにしても↓「…」の書き方。

sennsyudoさん!!(、、、)の部分書いてくださ~い。
 

裏付け

 投稿者:道楽者  投稿日:2009年11月21日(土)10時13分1秒
  私と妻は、共通の友人から「妄想夫婦」と呼ばれたことがあります。それだけ妄想が好きそうにみえるということでしょうか。半分冗談ですけどね。私が思うに、妄想家は読書家に多いんじゃないかな~と思うのです(赤毛のアン?私はこれで除外される。妻はど真ん中に入ってますが(笑))。
「言葉」や「文字」は端的にしか表すことのできないツールの一つですから、そこから全てを把握できるものとは考えません。だからどうしても想像を廻らさなければならない。

学術的なもの。バラバラに存在する「根拠」をジグゾーパズルのように組み合わせて、確実に裏付けがとれた?!ところで発表、反証できなければそこで認知されるという流れですかね。
実際は、○○大学○○教授とかいう肩書き(あくまでも一例)に左右されていることが多いのが現状と思っていますが。

以前、考古学で捏造がバレちゃったことがありますよね。たまたま運悪く?!バレただけで、下手したらあのまま定説になってたわけですよね。これが現実なんです。
私が一番不思議に思っていること、人類の起源です。私達が歴史で習ったことが今じゃ通用しない。しかも何千年とかの違いじゃない。一気に飛び越えた年代の発見!!てことになってますでしょ。その間の発見が全くなく、いきなり飛び越えるところに不思議な感じがするのです。私達日本の浅い歴史であーだこーだ言ってるレベルとかけ離れている。邪馬台国の話さえあれだしね。結論先ありきの傾向ですかね~。事実よりロマン優先?(笑

前置きはこれくらいにして本題に入ります。
マスメディアにもいろいろあり、レベルにかなり差があります。新聞と週刊誌、どっちに信頼性があるかということです(最近の新聞のレベル低下も激しいもんですが)。TVのニュースも一昔と変わってバラエティー化してきておりますが・・・(ニュースなのに簡単に事実だけじゃなく、私見を述べれる時代になってしまったってことでしょうね)。
確実に裏がとれていない時点では、顔出しNG、実名NGは当たり前だと認識していますが、週刊誌レベルだと出ちゃいますよね。これはこれで役割だと庶民には認められてる節がありますが、万が一誤報だった場合どうなんでしょうね。昨今冤罪問題も多いじゃないですか。冤罪をかけられた人の立場になってみないとわからないことかもしれませんが。

ネットの情報なんて、まさしく週刊誌レベルじゃないですかね。それじゃあ週刊誌が余りにかわいそうか(生活かけて情報収集に走り回ってるんだろうし)w。裏がとれていない情報はこういう場所でしか得られないわけですから仕方ないのですけど、だからこそ気をつけないと。
冒頭に書いた、私の妄想の仕方は、自分で認識しえるいくつかの情報を組み合わせていき、少々合わないピースまでもねじ込み入れて、余ったピースがいくつかできても無視して完成となる。よくできた~っと悦に入る。たぶん私だけじゃないでしょうが(笑)。

誤字(これも言い出すと深みに嵌りそうだが)・筆意の有無・経歴詐称、こういう事実は確実な裏があればドンドンやればいい。ご主人の怒りも理解できますから。
ただ、ここに憶測を紛れ込ませると、訴える力が半減してしまう。週刊誌などのレベルになってしまう。もったいないと思うんだよね。

○○陰謀説とか、危険極まりない。身内での話のネタにはうってつけだが、ちゃんとした根拠のある訴えをしたいときに、こういうのが入ってしまうと折角のものが台無しになりかねないと思うのよね。いや~~ネットって本当に怖いですね~(水野晴○風)

乱入失礼しました。
 
    (希夷斎) ところでお元気ですか?実はね今夏、そちらの地方にキャンピングカー借りてほぼ一週間かけて周ったのですよ。
本当に途方もない旅でとても疲れました。絶対に車で行くところじゃないということがよく分りました。
 

誤字指摘

 投稿者:忌諱賽  投稿日:2009年11月20日(金)14時13分24秒
編集済
  新型インフルに罹患してイライラしてる今日この頃ですのに、いきなり癇にお障り頂きましたので、止めておこうと思ってたのですが、また誤字でも指摘差し上げましょうね。

写真上は世界的天才書道家の武田双雲大先生が、パフォーマンス書道の前に自己を鼓舞するために書いたという「楽」字。

まず、第一画目にドスンと重苦しく筆を下ろしてしまうのは双雲先生のお決まりのパターンですが、行書として書いているであろうにも関わらず、二画目のへの筆路が途切れてどこかへ行ってしまわれますが、何事もなかったように二画目へ。
「白」部の中身は相変わらず暗く、ぐちゃぐちゃっと書いて誤魔化してしまわれます。
また左右の点々、本来「糸」になる部分ですが、百歩譲って大衆に分りやすいように点四つにしたのだとしても筆路が無茶苦茶ですね。
特に第三点の行く先がなぜ「白」部の中に入り込んでしまうのか?筆路行方不明のまま、第四点はまた何の脈絡もなくアホのように鎮座。

極めつけは下の「木」ですが、これも千歩譲って大衆に分りやすくするために活字の「木」のように書いたとしても、あまりにバランス悪く全体の重みが右下に流れてしまっていますね。
まぁ本来、古典博歩を重ねた普通の書道家なら、まさか「木」のように活字の文字構造のまま筆で書くことなどありえません。
書の勉強をちゃんとした人であれば通常は「ホ」のように書くことが殆どであり、まさか「木」のように書くことなど考えもつかないからです。
あまたある「木」が下につく漢字、例えば案、業、栄、梨、染、桑、梁など、「ホ」のように書いたものしかありません。字書を調べれば解ることです。
これは古典の「書き癖」のようなものであり、当たり前の書道の勉強をしている人間なら誰しも身体で覚えていることなのです。こと、「楽」字に至っては蘭亭や集字聖教のような初歩段階の古典にも出てくるのですから素人であっても分るはずですね。
「古典古典と言うなかれ、我々は現代に生きているのだ。現代にマッチした新しいものを創造することが大切だ」と武田氏などは言うでしょう。しかし、そこから文化の退廃、冒涜が始まるのです。古き良き物たちを知ってこそ、新しき「良き物」が生まれるのです。

漢詩漢文の読み癖、例えば「南朝四百八十寺」(なんちょうしひゃくはっしんじ)を「なんちょうよんひゃくはちじゅうじ」と読んでしまっては「素人だね~」と言われるのと同じように、「楽」の下を「木」と書けばまさに「素人」以外の何者でもないのです。

こんな輩が世界的天才書道家と謳われメディアに跳梁跋扈していること自体が、大きな間違いであると言わざるを得ません。

写真下は私の書いた「楽」ですが、ハンコ屋の私が書いてもこの程度には書けます。まぁ下手糞は下手糞ですが。
要するに、武田双雲は「筆っぽい書き方」というだけで、自らを世界的天才書道家であると偽り、大衆を騙して悦に入っている訳です。まぁ個人的に偽者書道家として恥をさらし続けるのは構いませんが、許せないのは武田氏が公称二百人もの生徒をとり、デタラメを教えているという事実です。そして子供たちに個性を引き出すなどと嘯き単なるお遊びをさせて褒めちぎり、根拠のない全能感を植えつけていることです。未来を担う子供達をこれ以上汚さないで頂きたいですね。
 

レンタル掲示板
/28