teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


【12387】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 6月22日(木)10時36分21秒
  「福丸」6/21 夜
最寄駅、幡ヶ谷。渋谷区幡ヶ谷1-9-6。
「武蔵」出身の人の店。
特選鴨だし醤油ラーメン(1,000円)麺大盛り(100円)を食べる。
醤油っ気の強いスープは、
なるほど鴨由来と思われるクセが感じ入られ、個性的な味わい。
芯が残ったような硬さの中麺は、
スープとのコンビネーションがもうひとつ。
鴨そぼろはおもしろい食感。
豚チャーシューはまずまず。
鴨チャーシューはまあまあ。
味玉はえらく塩辛い。
+1。
 
 

【12386】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 6月20日(火)11時50分17秒
  「拉麺 吉法師」6/19 夜
最寄駅、本所吾妻橋。墨田区吾妻橋3-1-17。
2016/7/19以来、2回目。
話題の、鶏清湯 青(900円)を食べる。
なんとスープがブルーハワイ色!
これはものすごいインパクトである!
とはいえ味の方は、小気味よく塩気の効いたまろやか系で、
おいしいけれど、取り立てて変わったものではない。
(スープの着色の技法は企業秘密らしい)
細麺は茹で不足感のある硬さだが、スープとの相性は良し。
鶏チャーシューと味玉はまあまあ。
+2。
 

【12385】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 6月19日(月)10時27分45秒
  「こばやし」6/17 昼
最寄駅、曙橋。新宿区住吉町2-9。
燕三条系。
全部のせらーめん(1,000円)を中油でオーダー。
うわあ、大量の背脂と岩のりが壮観である。
だが、えらく酸味の強い醤油スープは、
なにかひと味入れ忘れたような味わいで、かなり違和感があり。
茹で足りなさ感のある太麺は、スープによく浸して食べるとおいしい。
岩のりはいいアクセント。
ちゃーしゅーと煮玉子はまあまあ。
+1。

「蜀伝」6/17 夜
最寄駅、要町。豊島区池袋2-23-5。
担々麺専門店。
蜀伝汁無担々麺(850円)を
辛さ5、麺大盛、一口ライス付、味玉付(以上サービス)でオーダー。
まず、ビジュアルがカラフルで楽しい。
さて、辛さ5だとかなり辛めである。
だが、その辛味の中に、何ともいえぬ味わいが感じられて、満足度はかなり高し。
シビレはほどほど。
麺はコシのある中麺。担々麺には珍しいが悪くない。
+2。

「尾張屋 本店」6/18 昼
最寄駅、浅草。台東区浅草1-7-1。
おそばと天丼の老舗。
上天ぷらそば(2,200円)を食べる。
天ぷらは車えび。おつゆに浸していただくと極上のおいしさ。
おそばは歯応えに妙あり。
おつゆは飽きのこないタイプ。
+3。
 

【12384】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 6月14日(水)15時15分7秒
  「雷雷らーめん」6/12 夜
最寄駅、四谷三丁目。新宿区四谷2-11。
味噌ラーメン専門店。
濃厚味噌らーめん(750円)麺大盛り(100円)を食べる。
とろり感のある濃厚味噌スープは、
パンチのある旨味であふれていて、まさに私好み。
クニュクニュ極太平麺とのコンビネーションも良し。
具には少々不満があるが、まあ許そう。
+3。

「武蔵家 御茶ノ水店」6/13 昼
最寄駅、御茶ノ水。千代田区神田駿河台1-8-4。
「武蔵家」が御茶ノ水にもオープンした。
都内に数ある家系の中でも、正統派の系列である。
開店時間3分前に到着。
ラーメン大(850円)をお好みはすべてふつうでオーダー。
とろり感のある濃厚茶濁家系スープは、いやあしょっぱいしょっぱい。
とはいえ、不快感のないしょっぱさである。
太平麺はソフトタッチ。
チャーシューは歯応え、旨味ともにGood。
なお、開店前から並んでいた客には、特典として、
トッピング1品(ねぎを選択)、切り落としチャーシュー、半熟玉子がサービスされる。
ライスも食べ放題なので、お腹いっぱい。
+2。
 

【12383】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 6月12日(月)12時22分5秒
  「吟醸煮干 灯花紅猿」6/11 夜
最寄駅、四谷三丁目。新宿区荒木町8-3。
「灯花」1号店が背脂煮干ラーメンの店にリニューアル。
岩海苔煮干らぁ麺(980円)麺大盛り(100円)を食べる。
背脂で覆われた煮干醤油スープは、
雑味がなく、煮干の旨味がストレートに伝わってくる。
太平麺は、もちもちでやわらかめ。
チャーシューは歯応えよく、味もGood。
岩海苔もいいアクセント。
+2。
 

【12382】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 6月11日(日)16時36分14秒
  「Handicraft Works」6/11 昼
最寄駅、八潮。八潮市伊勢野111-1。
「鶴おか」の2号店。
ワイルドモンスターパレット(1,500円)をオーダー。
具として、ステーキ、チョリソー、レタス、パイナップルなどがのる、
ワイルドな油そばである。
タレは塩ベース。魚介系のやさしい旨味がしっかりと感じられて、おいしい。
意外とオイリーである。
極太麺は、歯応えとろけるようなタイプ。
ステーキは期待どおりの出来栄え。
鴨そぼろ丼(200円)も食べる。
そぼろの味付はけっこうキツめ。でもおいしくいただけた。
+3。
 

【12381】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 6月10日(土)16時34分5秒
  「shake tree」6/10 昼
最寄駅、錦糸町、両国。墨田区亀沢3-13-6。
ハンバーガー専門店。
ベーコンチーズバーガー(1,300円)をオーダー。
たしかにマクドナルドと比べると、かなり高級感あり。
ただ、うまいかと問われると…
+1。
 

【12380】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 6月 9日(金)13時39分33秒
  「はせ川」6/8 夜
最寄駅、両国。墨田区両国3-24-1。
人気のとんかつ屋。
厚切極上ロースかつ(3,024円)を食べる。
「平田牧場の三元豚」を使用しているというロースカツは、
噛むごとに口いっぱいに旨味が広がる一級品。
特に脂身がなんともいえず良い。これは素晴らしい。
コロモは少し粗め。ごはんは普通。
+3。

「TOKYO CURRY LAB.」6/9 昼
最寄駅、神谷町など。東京タワーフットタウン2F。
カレー屋。
天使のふわふわたまごカレー(1,250円)ライス大盛り(150円)
+ランチサラダ(150円)を注文。
ふわふわたまごがライスを覆っていて、オムライスチック。
カレーは甘めでスパイシー。
+1。
 

【12379】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 6月 7日(水)21時56分57秒
  「ラーメン餃子 三平」6/2 夜
最寄駅、小岩。江戸川区南小岩7-25-13。
大衆中華屋。
スペシャルセット(チャーハン、唐揚、餃子、サラダ、スープ)をオーダー。
餃子は、焦げ目がカリカリ、唐揚もコロモがカリカリ。
どちらも味は普通。
チャーハンはふわふわっとした仕上り。
±0。

「ひらこ屋」6/3 昼
最寄駅、津軽新城。青森市新城山田588-16。
津軽煮干ラーメンの雄。
こいくち(とんこつ煮干しそば)中(700円)を食べる。
濃煮干色のスープは、ビジュアルとは異なり、
すっきりとした口当たりで、味わいはまろやか。
酸味がちょっと気になるが、うまい。
ぬるりとしたちょい太平麺は、噛み応えが溶けるような感覚。
チャーシューは、厚切りと薄切りの2種。
厚切りは歯応えが楽しい。
薄切りは噛むごとに旨味が滲み出る。
+3。

「味の札幌 大西」6/3 昼
最寄駅、青森。青森市古川1-15-6。
札幌ラーメン系の店。
名物の味噌カレー牛乳ラーメン(830円)を食べる。
スープはたしかに、味噌、カレー、牛乳、それぞれの味を感じる。
しかし、それらが統合した完成バージョンは、
なんともパッとしない味わいになってしまっている。
黄色い太縮れ麺は、もちもちでねちねち。
+1。

「くどうラーメン」6/4 昼
最寄駅、青森。青森市新町1-6-12。
津軽煮干ラーメンの古参。
ラーメン中(500円)を食べる。
あっさり醤油スープは、あっさりすぎて、
うまいのかどうなのか、よくわからない。
中縮れ麺は、もっちもち。
昔ながらの支那そばといった趣き。
+1。

「つじ製麺所」6/4 昼
最寄駅、青森。青森市古川1-15-17。
津軽煮干ラーメンのホープ。
荒煮干しそば(650円)を食べる。
煮干醤油スープは、一見あっさり風だが、
口に含むと、これでもかというほどに煮干の旨味が感じられる。
酸味がちょっと気になるが、うまい。
ちょい太麺は、歯応え溶ける系。
チャーシューは粗い食感。
+3。

「鶴亀屋食堂」6/5 昼
最寄駅、浅虫温泉。青森市大字浅虫字蛍谷293-14。
山盛りの鮪丼で有名な食堂。
本鮪丼(中)(3,000円)を食べる。
鮪の切り身(大トロ、中トロ、赤身)がなんと30枚ものるということなのだが、
いやいや、これはゆうに40枚以上はのっているだろう。
鮪が山のように聳え立っている。こいつは壮観。
別名、まぐろタワーというらしい。
鮪自体も十分おいしい。
酢飯でないのが残念だが、満足感は大。
+3。

「長尾中華そば 西バイパス本店」6/5 夜
最寄駅、新青森。青森市三好2-3-5。
津軽煮干ラーメンの第一人者。
こく煮干し(730円)を中太麺でオーダー。
煮干し+鶏豚という茶濁スープは、
予想に反して、きわめてきわめてマイルドな仕上り。
インパクトのある味わいを期待していたので、
これにはちょっと物足りなさを感じた。
客観的に判断しても、少々面白味に欠ける味に思われる。
ちょい太縮れ麺は、クニュクニュタイプで、まあ悪くはない。
チャーシューはソフトタッチ。
+1。
 

【12378】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 6月 2日(金)11時26分53秒
  「みそ&トマトらーめん 田所商店」6/1 夜
最寄駅、赤坂。港区赤坂6-4-20。
濃厚みそトマトらーめん(840円)を
やさいトッピング(110円)麺大盛(110円)でオーダー。
みそトマトスープは、トマトの酸味がかなり突出しており、
みそテイストがあまり感じられず、少々残念。
やわらかめのもちもち太平縮れ麺は、
スープのノリがよく、おいしくいただける。
+2。
 

【12377】5月に飲みに行った主な店

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 5月31日(水)10時16分57秒
  「磯丸水産 川口店」5/7 川口
  旅行のシメとして。
「筑前屋 王子店」5/11 王子
  講習会の担当が終わったので。
「西口やきとん広場」5/12 浅草橋
  安い! そこそこおいしい!
「徳兵衛」5/15 御茶ノ水
  気楽に飲める大衆居酒屋。
「鳥城酒蔵」5/18 飯田橋
  もつ焼きがイチ押しの居酒屋。
  ひとりで入ったところ、レギュラーメニューをハーフで提供してくれた。
「金太楼鮨 南千住店」5/21 南千住
  リーズナブルな寿司屋。一週間遅れの母の日のお祝いとして。
「福よし」5/23 錦糸町
  エビスの黒がウマイ! やきとんも肉厚でウマイ!
「金子屋」5/25 秋葉原
  標準的な居酒屋。
「餃子の王将 王子店」5/25 王子
  2次会。
「ぶたいちろう」5/28 浅草橋
  やきとんがメインの居酒屋。
 

【12376】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 5月31日(水)09時49分5秒
  「一力」5/29 夜
最寄駅、京成立石。葛飾区立石7-7-11。
「貴生」の元店主がオープンした店。
みそホルモンラーメン(900円)を食べる。
半端じゃない量の背脂で覆われた味噌スープは、
刺激的な味わいで満たされた味噌汁、といった趣き。
ビラビラ太平麺は、ソフトタッチな仕上り。
辛い味付のホルモンは、ほぐしチャーシューのような歯応え。
玉子は煮玉子なのが嬉しい。
ねぎとろ丼(400円)も食べる。
可もなく不可もなく。
+1。

「拉麺ビュッフェBUTA」5/30 夜
最寄駅、TX浅草。台東区浅草2-11-7。
ビュッフェ形式のラーメン屋。
具はセルフで取り放題、ラーメンはおかわりし放題である。
男性 1,050円。
ラーメンのスタイルは博多系。
まあ、まずくはない。しかし決して、うまいとも思えない。
店の雰囲気がとてもチープなので、なんだか寂しくなる。
±0。
 

【12375】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 5月27日(土)15時23分2秒
  「セントポールの隣り」5/26 夜
最寄駅、池袋。豊島区西池袋3-33-17。
学生街のレストラン。
名物の白いカツ丼(754円)をライス大盛(130円)で注文。
玉子のかわりに山芋でとじたカツ丼である。
タレをかけていただく。
うーん、やはり玉子の方が10倍おいしい。
まあ、こういう料理なんだろう。
カツはミニサイズが数個。コロモは薄めで、お肉はさっぱり。
そのほか、温玉とキムチがのる。
サラダ、味噌汁付。
+1。

「インディラ」5/27 昼
最寄駅、西台。板橋区高島平1-74-10。
欧風カレーの老舗。
スペシャルカレーセット(ミニサラダ&ドリンク付)(1,720円)を
ビーフカレー辛口セレクト、ライス大盛り(100円)でオーダー。
カレーは、果物から引き出された甘みとスパイシーな辛味が、うまく融合している。
ビーフはほどよいやわらかさ。
ライスはチーズがまぶされている。
+2。
 

【12374】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 5月25日(木)16時30分9秒
  「麺昇 神の手」5/24 夜
最寄駅、新高円寺。杉並区梅里1-18-12。
神の手の「赤」(830円)神盛(300円)を辛さ・シビレともに増でオーダー。
濃厚味噌ベースのスープは、
まず強烈なシビレが襲ってきて、そのあと強靭な辛さがじんわり効いてくる。
なかなか刺激的で楽しい味わい。ただ、ちょっとしつこい気もするが。
クニュクニュ太平麺とのコンビネーションはまずまず。
具に目玉焼は珍しい。味は普通。
チャーシューはやわらかめだが悪くない。
モヤシは硬い。
+1。
 

【12373】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 5月23日(火)15時34分35秒
  「已己巳己」5/22 夜
最寄駅、代々木公園。渋谷区神山町6-4。
煮干し醤油ラーメン(780円)を食べる。
キリッとした醤油スープは、まずまずの旨味だが、
何か最後のひとつが足りない気もする。
ちょい太平麺は、食感にあまり元気がない。
メンマの食感はなかなか。
半炒飯(400円)も食べる。
半端のないパラパラ感。ここまでパラパラだと違和感あり。
+1。
 

【12372】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 5月21日(日)16時35分42秒
  「かんだ食堂」5/19 夜
最寄駅、秋葉原。千代田区外神田4-4-9。
いわゆる大衆食堂。
豚生姜焼定食(750円)を注文。
ボリュームは満点。
しかし、特にうまいものではなかった。
±0。

「(屋号なし)」5/20 昼
最寄駅、幡ヶ谷。渋谷区幡ヶ谷3-16-3。
東池袋大勝軒系とのこと。
中華そば(650円)を食べる。
提供までに、えらくえらく時間がかかる。
醤油スープは、正統派中華そば系。
飲み口がよく、ゴクゴクといくらでも飲めてしまう。
太麺は、茹ですぎたうどんのような食感だが、まあ悪くはない。
分厚いチャーシューは、噛むごとに肉を感じる。
メンマは絶妙なやわらかさ。
+2。

「麺屋 司」5/21 昼
最寄駅、西新井大師西。足立区西新井5-5-2。
ラーメン大(850円)をニンニク入りでオーダー。
二郎インスパイアメニューである。
ドギツ系醤油スープは、この系統にしてはおとなしめ。
太麺は、茹で足りなさ感とぬめり感があり、
スープとの相性はまずまず。
野菜は普通。チャーシューは若干レア。
+1。
 

【12371】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 5月18日(木)13時41分50秒
  「神笑」5/17 夜
最寄駅、中野。中野区中野5-56-15。
味噌らー麺(750円)をにんにく、しょうが、ほうれん草、野菜多めでオーダー。
無料ライスも付ける。
白味噌仕立てのスープは、心地のよい濃密さで、これはうまい。
ソフトチックなごわごわちょい太麺も、スープとよく調和している。
炒め煮野菜もまずまず。
丼を覆うほうれん草はご愛嬌。
+3。
 

【12370】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 5月17日(水)10時44分10秒
  「すする 水道橋店」5/16 夜
最寄駅、水道橋。千代田区三崎町1-4-26。
濃厚魚介すするつけめん(880円)中盛(同額)を食べる。
このスタイルのつけめんは久し振り。
とろりとした濃厚茶濁つけ汁に、コシのある太麺を絡めていただく。
まあ、こんなもんか。
当然、つけ汁は途中で冷める。
チャーシューもいまひとつ。
+1。
 

【12369】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 5月16日(火)18時24分27秒
  「マタドールANNEX」5/14 夜
最寄駅、南千住。LaLaテラス南千住2F。
「マタドール」の新店舗。
贅沢塩らぁ麺(980円)を食べる。
牛骨塩スープは、なるほど焼肉屋さんでよくいただくようなタイプ。
塩気が強いのがラーメン仕様か。
細平麺はもっちりもっちりしていて、個性的。
スープとの相性はまずまず。
焼牛、味玉はまあ悪くない。
タケノコはいいアクセント。
鮭節ご飯(300円)も食べる。塩ダレの味わいがよい。
+2。
 

【12368】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2017年 5月14日(日)14時14分40秒
  「ふくぼく」5/13 昼
最寄駅、牛込神楽坂。新宿区神楽坂5-7。
日本料理屋がランチ限定で麺メニューを提供している。
澄まし麺半盛(500円)、醤油かけ麺半盛(500円)、鴨だしご飯(380円)を注文。
澄まし麺…具のない汁そば
 スープはとてもおいしいお吸い物といった感じ。
 細麺は非常に心地のよい弾力。
 これは絶品。
醤油かけ麺…具のない油そば
 ちょい太平麺は少々硬め。味付けはきわめて上品。
 満足度はふつう。
鴨だしご飯
 まさにこれぞ炊き込みご飯。
+3。

「一心らーめん」5/13 夜
最寄駅、四谷三丁目。新宿区荒木町9-24。
いにしえの有名店。まだあった!
のりスタミナらーめん(1,000円)を食べる。
ニンニク、生卵入り。
どんぶりのふちを覆う、大量ののりが圧巻。
スープはシンプルな醤油系。えらく甘い。
極細麺は、硬めで歯応えねっちりタイプ。
±0。

「坂本01」5/14 昼
最寄駅、王子神谷。北区王子3-8-6。
特製わんたん麺(900円)焼豚トッピング(300円)を食べる。
ラードに覆われた澄みきった醤油スープは、
雑味の排除された非常にスッキリとした味わい。
中平麺は少々やわらかめだが、歯応えが楽しい。
レアチャーシューはまずまず。
わんたんは繊細なる一品で、これはなかなか。
+2。
 

レンタル掲示板
/157