teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


【12731】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2019年 2月15日(金)12時04分19秒
  「一辰」2/14 夜
最寄駅、亀有。葛飾区亀有3-10-11。
ワンタン麺(900円)大盛り(100円)を食べる。
シンプルな醤油スープは、なんともシブいコク加減で、大人の味わい。
手打ち感のある、やわらかめの中平麺は、私的には少々微妙。
ワンタンはちょっと餃子っぽい仕上り。
+1。
 
 

【12730】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2019年 2月10日(日)16時12分34秒
  「らーめんとしょうが焼き あの小宮」2/8 夜
最寄駅、渋谷。MAGNET by SHIBUYA109内。
「小宮」が渋谷にも現れた。
たれ中華(780円)を食べる。汁なしである。
まず、手びやま製法天白のかつお節が、目の前でかけられる。(何、それ?)
続いて、びんに入れられた卵黄入りのタレは、自分で注いで自ら仕上げるという趣向。
その際、びんは熱々なので、軍手が提供される。
麺はぼってりとした極太麺。
それに対して、タレはかなりあっさりめのため、麺に負けている。これは残念。
チャーシューは出色においしい。
割りスープもある。割ってみる。なんとも薄い。
±0。

「本家 第一旭 新宿店」2/9 昼
最寄駅、新宿御苑前。新宿区新宿1-13-7。
あの京都の名店「第一旭」がついに東京進出。
特製ラーメン(1,000円)を食べる。
さらさらの醤油スープは、旨味よりも醤油の味わいが勝っている。
中麺はあまりコシのないタイプ。
チャーシューは薄くてミニサイズで、味は悪くないが、なんとなく物足りなさを感じる。
±0。

「三極志」2/10 昼
最寄駅、三河島。荒川区東日暮里6-10-1。
味玉醤油らーめん(850円)を食べる。
さらさらの醤油スープは、じーんと染み入るような味わい深いコク。
小麦粉感豊かなちょい細麺とも、グッドコンビネーション。
味玉とチャーシュー(鶏&豚)の出来もなかなか。
シメに和えそば(200円)もあり。蟹油でいただく。
そのままで食べても、残ったスープに入れても、おいしい。
+3。
 

【12729】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2019年 2月 8日(金)16時15分55秒
  「北海道らーめん 帯広ロッキー 亀戸店」2/7 夜
最寄駅、亀戸。江東区亀戸3-45-14。
かにみそらーめん(950円)のジャンボ(200円)を食べる。
洗面器のようなドンブリで供される。
スープは、かにみその風味がストレートに前面に出されていて、
これは非常にわかりやすい。
個性的でおもしろい味だが、ただ私にはかなりしょっぱく感じた。
西山製麺のちょい太縮れ麺は、もちもちでごわごわな食感。
うーん、スープが個性的すぎて、あまり麺はおいしくいただけない。
チャーシューは燻したような仕上り。これもとてもしょっぱくて、私にはNG。
-1。
 

【12728】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2019年 2月 4日(月)14時06分25秒
  「田乃井」2/2 昼
最寄駅、大師前。足立区西新井1-26-8。
比内地鶏中華そばの店。
中華そば大(750円)を食べる。
さらさらの醤油スープは、あえて派手な旨味は排除した系。
とはいえ、ここまで排除すると、ちょっと旨味がなさすぎでは?
これでは、麺もあまりおいしくいただけない。
-1。
 

【12727】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2019年 2月 1日(金)12時27分26秒
  「波風タテヲ」1/31 夜
最寄駅、西早稲田。新宿区西早稲田2-20-5。
ガッツリ系の新店。
看板メニューの、濃厚味噌タンメン(790円)大盛(100円)を食べる。
濃厚味噌スープは、非常にパワフルな味わい。
ちょっぴり酸味もあり。
中平縮れ麺は、あまりコシのないタイプ。
具は、もやしと肉。
肉は竜田揚のような仕上りで、珍しくておもしろい。
食べ始めは、独特のジャンク感がなかなかよかった。
だが、途中から飽きてきてしまった。
+1。
 

【12726】1月に飲みに行った主な店

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2019年 2月 1日(金)10時29分33秒
  「おさかな道場 南千住店」1/3 南千住
  チェーン居酒屋だが、お魚料理はまずまず。
「下田屋」1/4 大津
  大津では人気の居酒屋。
  近江牛のタタキ、近江黒鶏のもも焼、海老豆の佃煮、冷奴、小芋のたいたん、
  しじみおろし、わかさぎの醤油煮、をいただいた。
  近江の地酒もいろいろといただいた。
「新橋やきとん 駒込店」1/8 駒込
  まあ無難。
「ゑびすや」1/11 南鳩ヶ谷
  もつ焼きがイチ押しの店。まずまず。
「川よし」1/12 武蔵小山
  肉厚のてっさ。絶品の雑炊。
  日本人でよかった。
「琉菊」1/14 川口元郷
  近所の町の中華屋。気楽に飲める。
「小伝馬」1/17 馬喰横山
  まさに、ザ・大衆居酒屋といった感じ。
「鳥せん」1/18 四ツ谷
  おいしい、楽しい、鶏鍋宴会。
「つるや」1/19 東松山
  東松山やきとりの評判店。
  串焼きの種類が少ないのが残念だが、
  ほかのメニューも含めて、おいしさには太鼓判を押せる。
「筑前屋 王子店」1/24 王子
  うむ、安定している。
「炭火串焼 楓」1/25 池袋
  東松山風やきとりの店。
  料理はおいしいが、オペレーションに難あり。
「ふくろ 美久仁小路店」1/25 池袋
  2次会。こちらはちょっと小ぎれい。
 

【12725】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2019年 1月31日(木)11時29分49秒
  「ソラノイロ食堂」1/30 夜
最寄駅、池袋。豊島区池袋2-22-5。
「ソラノイロ」の新店。
ラーメン(830円)麺大盛り(120円)をこってりでオーダー。
ほぼ透明の白濁スープは、旨味は十分なのだが、なんとなく物足りなさ感が残る。
背脂がたくさん浮いており、麺を少し食べただけでも、口の中が脂っこくなる。
ちょい細麺はやわらかめの仕上り。
チャーシューはレアっぽさがありながら、私の好きな歯応え硬めタイプ。
+1。
 

【12724】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2019年 1月30日(水)14時17分16秒
  「らーめん砦 アリオ亀有店」1/29 夜
最寄駅、亀有。アリオ亀有店内。
佐世保の名店が遂に東京に進出。(佐世保の本店は既訪)
砦・丼セット(砦らーめん・本日の丼・煮卵)(1,050円)をいただく。
砦らーめん
まずは、数種の貝やベーコンなどの具の彩りが華やか。
スープは世にも珍しい貝白湯。
洗練されたミルキーな旨味で満ち満ちていて、これはうまい。
やんわりとした塩気も、いいアクセント。
ただ中麺は、私的にはもちもち感に欠けていて、少々残念。
煮卵は白身がおいしい。
本日の丼
この日は、あさりのしぐれ煮丼。
あさりがたっぷりなのは嬉しいが、ごはんのおかずとしてはどうか?
+2。
 

【12723】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2019年 1月29日(火)13時41分46秒
  「味噌っ子 ふっく」1/27 昼
最寄駅、荻窪。杉並区上荻2-40-11。
「花道」で修行した人の店。
辛味噌らーめん(850円)を麺特盛(150円)もやし大盛(同額)
+味玉(100円)でオーダー。
クリーミーな味噌スープに、
提供前にラー油や豆板醤などの辛味が加えられる。
味としては悪くはない。
太麺はソフトな歯応え。もやしはかたい。味玉はふつう。
+1。

「迂直」1/28 昼
最寄駅、荻窪。杉並区天沼3-10-16。
平日の正午前で10名以上の並び。
鰹昆布出汁特製醤油つけ麺大盛(1,180円)を食べる。
ちょい太平麺は、素麺を思わせる、つるつるでソフトな食感。
つけ汁もキリッとした醤油系なので、
まるで個性的な素麺を食べているような感じである。
チャーシューは一級品。味玉はまずまず。
+1。
 

【12722】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2019年 1月23日(水)10時54分13秒
  「寿製麺 よしかわ」1/22 夜
最寄駅、西台。板橋区蓮根3-8-14。
北上尾の名店「よしかわ」の支店。
特製黒醤油煮干しそば大盛(1,100円)を食べる。
さらさらのブラックスープは、そのビジュアルに反して、
口当たりはやさしく、旨味もとても豊潤。
ただ、のど越しはちょっぴりしょっぱい。
細麺は少し蕎麦の方を向いた歯応えで、これはちょっと解釈が難しい。
レアチャーシューは、スープに浸さなければ絶品。
鶏チャーシュー、味玉はまずまず。
+1。
 

【12721】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2019年 1月22日(火)13時20分12秒
  「かめしげ」1/21 夜
最寄駅、亀戸。江東区亀戸1-39-1。
タンメン専門店。
濃厚タンメン(780円)大盛(100円)に、にんにく、しょうがトッピングを、
からあげセット(120円)でオーダー。
たっぷりの炒め野菜は、おとなしめの味付け。まあ、これはこれでいい。
タンメンスープは予想よりあっさりとした味わいで、濃厚というよりも濃密という印象。
太平クニュクニュ麺とは、ほどよく絡む。
派手さはないが、私は気に入った。
+3。
からあげは、コロモは粉っぽく、中身はほどほどにジューシー。
 

【12720】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2019年 1月20日(日)15時40分27秒
  「育元」1/19 昼
最寄駅、森林公園。埼玉県比企郡滑川町羽尾4340-1。
熊本ラーメンの店。
育元ラーメン(950円)を食べる。全部のせである。
マー油ふんだんのトンコツスープは、乳的な旨味で満ち満ちている。
ちょい細麺は適度なやわらかさで、スープとの相性も良し。
具はたっぷりの生キャベツのほか、絶品のターロー、まずまずのチャーシュー、味玉など。
替玉(150円)は硬めでいただく。
極細麺での提供。食感の違いを楽しめた。
+2。

「黄金バンカ麺」1/20 昼
最寄駅、中目黒。目黒区上目黒2-38-11。
イタリアンパスタ風のスタイルのラーメンを提供する店。
味玉バンカ麺(880円)大盛(100円)を食べる。
バンカとはトマトの異名。
なるほど、スープは見事にトマトの味しかしない。この潔さは良い。
だが、極太平麺はしっかりとしたモチモチタイプなので、このスープだとちょっと弱い。
味玉は冷たいがまあまあ。
+2。
 

【12719】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2019年 1月16日(水)12時37分44秒
  「麺屋三代目 火華」1/15 夜
最寄駅、中野。中野区中野5-49-7。
韓国からの逆輸入ラーメン店。韓国のほかアメリカでも数店舗、展開しているとのこと。
味玉ラーメン(850円)を辛さは3辛、その他のお好みは普通でオーダー。
スープはとろりとした濃茶濁系だが、すすってみるとびっくり! かなりの辛さ!
ベースの味わいは、スタンダードな濃厚豚骨系。
細麺は歯応えねっちり系。味玉もなぜだか、とてもねっちりしている。
細長チャーシューは、端っこだけが硬い。
さて、日本では受け入れられるだろうか。
±0。
 

【12718】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2019年 1月14日(月)15時35分57秒
  「OKAJI」1/12 昼
最寄駅、早稲田。新宿区西早稲田3-13-2。
まぜまぜ麺(汁なし)専門店。
まぜまぜ麺の特盛の冷(850円)をイタリア塩でオーダー。
麺は極太麺と超極太平麺が混在。かなり硬めの仕上り。
味は絶妙に塩気がきいていて、なかなかイケる。
+2。

「淳陛屋」1/13 昼
最寄駅、亀有。葛飾区亀有2-68-5。
特製醤油SOBA(全部のせ)(980円)を食べる。
さらさらの醤油スープは、やさしい味わいにあふれた一級品。
一方、中麺は茹で足りなさ感のある硬さで、私的には若干の違和感があり。
チャーシューは生ハムのよう。ワンタンと味玉はまあまあ。
+2。

「銀座 八五」1/14 昼
最寄駅、東銀座、新富町。中央区銀座3-14-2。
「勝本」の第3店舗目。
味玉中華そば(950円)大盛り(100円)を食べる。
半透明な茶濁スープは、派手な旨味は排除し、シンプルさを極めたような味わい。
細麺はスタンダードな中華系だが、このスープとぴったり合っている。
チャーシューは私の苦手なやわらか系だが、良質なのがよくわかる出来。
味玉もいい味付け。
+2。
 

【12717】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2019年 1月11日(金)10時32分39秒
  「三代目ひら石」1/10 夜
最寄駅、高円寺。大一市場内。
「ひら石」が代替わりして、リニューアルされた。
ごまみそらぁめん(800円)大盛(100円)を食べる。
味噌スープは、牛乳のような口当たりで、
個性を感じるというよりも、違和感を覚えた。
味わいもライトで物足りない。
太縮れ麺はかなりやわらかめの仕上り。
チャーシューだけは秀逸。
+1。
 

【12716】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2019年 1月 6日(日)16時31分56秒
  「与七」1/4 昼
滋賀県大津市今堅田2-40-25。
とんこつらーめん(750円)を食べる。
とんこつスープは、どろりとした茶濁系。
思ったよりしつこくはないが、旨味もそれほどではない。
ちょい太麺は、溶けるような歯応えのタイプ。
薄チャーシューはまあまあ。
±0。

「天下ご麺」1/4 昼
滋賀県大津市浜大津4-7-35。
佐野実の弟子の店のようだ。
近江塩鶏麺(700円)を食べる。
スープは、インスタントのチキンラーメンのスープを、
洗練して上品に仕上げたような感じ。
表現はあまりよくないが、うまいことはうまい。
細麺は、かなりのソフトタッチ。
+1。

「ラーメンひばり」1/5 昼
滋賀県大津市梅林1-3-25。
トリパイタンという、まろやか(800円)を食べる。
とろりとした薄茶濁スープは、なるほど“まろやか”という表現がぴったり。
中麺はかなりやわらかめの仕上り。
肉(チャーシュー)は歯応え良し。
+2。

「ととち丸」1/5 昼
滋賀県大津市大江6-30-18。
湖国ブラック(750円)を食べる。
滋賀産のたまり醤油を使っているという、さらさらのブラックスープは、
いい味わいは出しているのだが、何分、醤油テイストがめちゃくちゃ濃く、
これはとても全部は飲み切れない。
ただ、硬めのごわごわ太麺とは、ばっちり合っている。
チャーシューは分厚いが、やわやわタイプで私は苦手。
+1。

「肉食堂 最後にカツ。」1/5 夜
滋賀県大津市末広町2-3。
ビフテキとトンテキとカレーの店。
最強の肉カレー黒(1,200円)を食べる。
ビフテキののったカレーである。
カレーは、かなり甘め&ヒリッと辛い。
ビフテキはとてもやわらかいが、カレーをかけてしまうと味がよくわからない。
±0。

「しゅうまい屋」1/6 昼
最寄駅、金町。葛飾区東金町1-13-13。
上野から移転。移転後は初訪。
黒濃ラーメン(700円)を食べる。
品名のとおり、けっこうなブラック度のスープは、
予想どおりのしょっぱさ加減。うーん、コクがもう少しほしい。
もちもちの太麺もいまひとつ。
ミニ麻婆丼(200円)もいただく。
こちらは、予想外に本格的でおいしかった。
±0。
 

【12715】12月に飲みに行った主な店

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2019年 1月 2日(水)13時38分21秒
  「290円酒場」12/1 竹ノ塚
  コースにすると、ピザが食べ放題、3時間飲み放題。
「順順餃子房 馬喰町店」12/4 馬喰横山
  食べ放題飲み放題で、お腹は満足。
「炉端横山」12/4 馬喰横山
  2次会。
「中華酒場 多来福」12/5 三ノ輪
  意外と本格的な中華料理だった。
「おまた」12/11 池袋
  料理、お酒、店主の対応、すべてにおいて素晴らしい!
「やまとや」12/15 鳩ヶ谷
  定食屋だが、夜は居酒屋的な使用も可能。
「新橋やきとん 駒込店」12/18 駒込
  まあ無難。
「日本焼肉党 浅草橋西口店」12/21 浅草橋
  おいしいお肉をたらふく食べて、幸福感でいっぱいに。
「大島屋」12/22 東松山
  東松山やきとりの老舗。
  串焼きは、かしら、レバー、てっぽう、タン、ハツの5種類で、
  いずれもボリュームたっぷり。
  店内は昭和の雰囲気がただよい、なんとも居心地がよい。
「琉菊」12/23 川口元郷
  近所の町の中華屋。気楽に飲める。
「尾張屋」12/28 小伝馬町
  蕎麦屋。職場で納会をしたので、ここは2次会。それにしては飲んだ。
「大統領支店」12/28 上野
  3次会。この日はホール担当の店員が最低だった。
「よっちゃん」12/28 南鳩ヶ谷
  4次会。お魚料理が中心の居酒屋さん。
「玄海」12/29 西日暮里
  寿司居酒屋。刺身の盛合せに焼魚。日本人に生まれてよかった。
「やきとん 三吉」12/29 西日暮里
  2次会。やきとん屋。まずまず。
 

【12714】謹賀新年

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2019年 1月 2日(水)12時21分59秒
  「鴨らーめん DEUX」12/31 昼
最寄駅、練馬。練馬区練馬1-15-2。
鴨らーめんの専門店。
鴨らーめん(並)(900円)を食べる。
琥珀色のさらさら鴨スープは、
ちょっと甘めのまろやかさで満ち満ちていて、なんとも心地のよい仕上がり。
ちょい太麺は、硬めながらもちもち感もあって、なかなか個性的。
具は、鴨つくねはおいしいが、鴨チャーシューは少々期待はずれ。
+2。
 

【12713】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2018年12月26日(水)15時00分24秒
  「肉処 にくのすけ」12/26 昼
最寄駅、小伝馬町。中央区日本橋小伝馬町10-8。
博多豚骨ラーメン(780円)を食べる。
博多豚骨スープは、口当たりはライトだが、味わいはガツンとパワフル。
ただ、私には少々しょっぱすぎる。
極細麺は、歯切れ感が心地よい。
チャーシューも、歯応え良し。
半ライスがサービスで付けられる。
+2。
 

【12712】

 投稿者:G.Lovelies(仕事中)  投稿日:2018年12月24日(月)16時03分52秒
  「中華そば 136」12/22 昼
最寄駅、東松山。東松山市加美町11-45。
背脂煮干系ラーメンの店。
特製中華そば(990円)を背脂は中脂で注文。
背脂煮干醤油スープは、過不足のない旨味で、素直においしいと感じる。
超極太麺はうどん感覚で、食べ応え十分。
具は、チャーシュー、ほぐし肉、バラ海苔、味玉、タマネギ。
味玉の超ふわふわ感には驚かされた。
+3。

「六九麺」12/23 昼
最寄駅、高円寺。杉並区高円寺南4-7-1。
鶏薫る醤油六九麺(980円)を食べる。
全部のせである。
さらさらのスープは、心に安らぎを与えてくれる、極上の仕上り。
中麺はノーマルタイプだが、スープとの相性はとても良し。
具は、鶏および豚チャーシュー、ピンクの味玉。
+3。

「中華そば さわ」12/24 昼
特製中華そば(850円)を食べる。
醤油スープはシンプルなタイプだが、旨味はとても奥が深い。
若干やわらかめの中麺も、スープのノリが抜群。
具は、2種のチャーシュー、味玉、ワンタンで、いずれもまずまずの出来。
+3。
 

レンタル掲示板
/174